日々の出来事。認知症の夫と保護犬のジョージと。


by peko-nanamama
カレンダー

2019年 08月 12日 ( 1 )

美味しいものの事や楽しいことを連ねていくつもりのブログが今は毎回夫の事になってしまう。
仕方がない、月の半分デイサービスのない日は24時間一緒なのだから。
纏めて取れる睡眠は4時間あれば上等。
昨日、一昨日は夕食後素直に薬を飲んで自らベッドに行き12時頃まで寝てくれてトイレに2回ほど起きたけれど私に話しかけることなくわりと楽な夜だった。
ただし2回のトイレはついていくのを拒みひとりで行って便座のふたをしての立ちしょん。
便座のふたから流れたものは体が入らない裏側まで周り掃除が大変で夜中に20分かけてトイレ掃除を2回。
夫は眠っても私は眠れずに朝になった😰
便座のふたを開けた状態にしてテープで固定する。
ハラハラしたり、ドキドキしたり、イライラしたりして1日が過ぎていく。

今は夫はひとりでお散歩中。今日は12時と4時の2回。
怒りにまかせて出て行ったのではなくただなんとなく(本人には目的があるらしい)外に行ったので、暑いから遠くに行かないで早く帰っておいでねと言うと「わかった」と言って出ていった。
毎朝一緒に散歩をしている範囲から外れず30分程で戻ってくる。
多分本当は団地のNさんのところに行きたいのだろうけど少し探してたどり着けず戻ってきたのだと思うけど。
一昨日は娘に留守番をたのみ私が探し回っている間に家と間違えてお隣の家の2階まで上がっていったらしい。
お隣の奥さんのサンダルをはいた夫を奥さんが靴を持って送ってきてくれた。
団地やマンションと違いうちとお隣は門扉も玄関の向きも違うし玄関に入ってからも全然違うのに不思議だなあ。

食べ物の最後のほうは何故かテーブルに並べる。
これは施設の利用者さんにもよく見られる仕草。
f0095265_16593312.jpg
スリッパはいたまま靴は履けませんよー。
スリッパは左右違うものをはくのはいくら直してもダメ。
片足に1足分はいていることもしばしば。ほんと不思議です。



by peko-nanamama | 2019-08-12 16:19 | 夫の病気のこと | Comments(0)