日々の出来事。認知症の夫と保護犬のジョージと。


by peko-nanamama

2019年 02月 27日 ( 2 )

昼と夜

f0095265_19194649.jpg
冷凍庫を少し整理しようと思ってお昼に枝豆ご飯を炊くことに。
新潟の塩引き鮭も一切れ残っていたので焼きほぐして一緒に炊き込みました。
おかずは塩こぶと葱のたまご焼き。味付けはなしでお水を少し加えてます。出汁じゃなくてもお水で充分。ふわりと仕上がりますよ。
それと大根のお味噌汁。

晩御飯もほぼ一緒😅
おかずは昨日の残りのルーロー飯風の豚肉と豆腐と玉子の煮込み
簡単すぎ
でもこのくらい単純なもののほうが夫はよく食べてくれます。
夫のは丼盛りつけで。
f0095265_19304082.jpg

by peko-nanamama | 2019-02-27 19:18 | 夕ご飯 | Comments(2)

2回目のロデブ

f0095265_08363164.jpg
余熱待ちのロデブくん。
デロンデロンの生地を布からオーブンペーパーにうつすときに
ボヨンと弛みが出来ちゃった。右の方。
蛙のお腹みたい。
f0095265_08394269.jpg
焼き上がり。左右逆に撮れてるので左にボヨンが。
多分ここは空洞。でもまあこれは空洞だらけのパンだからね。
寝る前に焼き上がり。
カットして中を確認したいけど食べるのは朝だし朝まで待とう。

ロデブを扱った本の解説によると
ロデブの生地は加える水分量が多いため、ダラリとして「スープのような生地」と例えられます。素人にはまったく扱うことの出来ない領域であるばかりか、パン職人にとっても難しい生地です。
と書かれています。
手慣れた職人でもぺろんとした生地をようやくオーブンに入れた後は「うまく膨らんでくれ!」と祈るような気持ちになるのだそうです。
余熱待ちの間もどんどんデロンデロンにだれていく生地がオーブンの中で膨れてくるとほんと嬉しい🎵
そして切るときもまた楽しみ。うまく空洞出来てるかな。
f0095265_08511305.jpg
うん、上出来🎵
蛙のお腹だけに大きな空洞が出来てるかも、と心配したけど全体にいい感じに穴が開いて皮はパリパリ中はふわふわです。
正しくはモルトを入れるようですが私が使っている高橋雅子さんのレシピには入っていません。
手に入りやすい材料でバターも入らないので安上がりで美味しいパンだと思います。
ただしパンチを入れる回数が多いのでお出かけ予定がある時は作りにくいかも。

by peko-nanamama | 2019-02-27 08:34 | パン | Comments(4)