日々の出来事。認知症の夫と保護犬のジョージと。


by peko-nanamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夫のこと

今日は若年性認知症家族の会の講演会に行ってきました。
講演会を聴きに〜ではなく主催者側として、です。
私は家族会の会員のひとりとして、今日の講演会では司会を担当しました。
若年性認知症の当事者は69才の夫です。
アルツハイマーと診断されてから3年、67才の時ですがおかしいなと思い始めたのはそれより数年前~たぶん62~3才の頃には始まっていたのだと思います。いや、もっと前かも。
65才までに発症した場合が若年性認知症です。
診断がおりた頃から記録としてブログには非公開で様子を書いてきました。
隠すことではない、と思うものの夫自身が書いているブログで自身で公表するのなら全く問題はないけれど私が発信するのはいかがなものか?もし逆の立場だったらどうか?そう思うと公表出来ずにいました。
講演会のタイトルは「認知症になった私からあなたへ」
ゲストの方はテレビの認知症を取り上げた番組でも放送された逗子在住の若年性アルツハイマーの方。
お話しとギターと歌のライブで盛り上げて下さいました。
人生楽しまなくちゃ損!~なとてもポジティブ方でした。
夫の他、数人も壇上に上り、今の楽しみやこれからの希望などを話しましたが~
夫は「仕事を頑張りたい」というようなことを言っていました。
週に3回通っているデイサービスを仕事だと思っているのです。
終わってからのお茶会で今日はどうでしたか?と聞かれても同じように
私はこれからもお年寄りに喜んでもらえるように仕事を頑張りたいというようなことを繰り返し言っていました。
私には言っていることが解りましたが他の方に通じたかどうかは定かではありません。
認知症、特に若年性の方で前向きな性格の方は病気のことを公表しこれから認知症になるであろう私たちみんなが過ごしやすい世の中になるように様々な活動をしています。
認知症にだけはなりたくない、と誰もが思ったことがあるでしょう。私もそうです。
今でもそう思ってないとは言いきれないけど。
でも、認知症になる可能性は誰もがありますよね。
夫はひとあし先に認知症になりました。
そんなわけで今年は夫の古い友人を招く機会も多かったのです。
昨日は昔の会社の後輩が夫の好きなお蕎麦をわざわざ届けに来て下さったり、お友達関係は病気になってからの方が交流が多いくらいです。
ブログにあまり家族のプライバシーを書くのもどうなのか?と思いつつ~
それなりに読んで下さる方もいるのだから発信することも大切なのかもしれないとの思いもあり~
病気のことがなるべくわからぬようにひっそりと過ごすのではなく、「認知症です、手をかしてください」と助けてもらいながらも自分の出来ることはやっていくのが自然なこととなるように。
今日は書いてみました。


Commented by ちょびまま at 2018-11-27 19:27 x
たまにしか会えない私がななままのチカラ?気晴らしになるのであれば、いつでも「りく」を連れて遊びに行くね。

ご主人もコーギーを見たら、ちょっと大ちゃん達の事を思い出してくれるかな?
Commented by peko-nanamama at 2018-11-27 20:12
ちょびまま
今日はありがとー
りくくんにはメロメロ😌💓♥️❤️になっちゃいました。
夫はあんな風に甘えられたら大だと思っちゃうかもー😆
Commented at 2018-11-27 21:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by peko-nanamama at 2018-11-27 23:25
鍵さま
あたたかく見守って下さってありがとうございます。
そうですね。情報発信にもなるかもしれませんし。
これからも愚痴は非公開ですけど😜
Commented at 2018-11-29 22:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by peko-nanamama at 2018-11-30 14:19
11/29の鍵さま

今はなんでも簡単に情報がてにはいるので私が発信することなどないかもしれませんが~
王様の耳はロバの耳~❗️
気持ちがずいぶん楽になりました。
by peko-nanamama | 2018-11-25 22:10 | 夫の病気のこと | Comments(6)